Mooning over

ARTICLE PAGE

博多駅で鉄道撮影 特急列車編 885系かもめ・ソニック

120901-hakata-212.jpg

博多からの帰りは、こちらの885系ソニックだった。
もともとは「かもめ」専用で導入されたが、現在ではソニックとしても多数走っている。
このため前回のソニック専用車両と区別するため「白いソニック」という呼び名があるそうだ。
特急「かもめ」の速度向上を目的とした振り子式車両で、2001年に鉄道友の会第44回ブルーリボン賞、
ブルネル賞、グッドデザイン賞を受賞した。

120901-hakata-308.jpg

883系ソニックが白い化粧版を使ったのとは対照的に、メタリックな天井で異なった雰囲気だ。

120901-hakata-309.jpg

すごいのはこの本革シート。特急列車とはいえ、こんな雰囲気はありえない光景。
とはいえ使っている皮は、商品価値を損なわない程度の微細な傷などが入ったもの(アウトレット品)
を使っているため、製造コストは通常の座席と大差はないらしい。
写ってはいないが、床は883系と同じくフローリングである。

前回のの883系の写真にも写っていたのだが、ヘッドレストの小さいポケットって、何?
と思った方がいるかも。
実は切符入れなんですね。検札に来るのはわかっていても、さっさと寝たいという人は
あそこに切符を入れておけば車掌さんがそこからとって、検札してくれるという優れもの。
実際、自分もそうしました。新幹線でも、このギミックはぜひ採用してほしい!

120901-hakata-213.jpg

昔のメルセデスベンツのようにマークを付けているとは。

120901-hakata-216.jpg

120901-hakata-211.jpg

車両ごとに出入口の色を変えてあったりとか…

120901-hakata-217.jpg

885系は運行本数が多いので、同じもの同士で隣り合ったりする。

120901-hakata-218.jpg

やっぱ、列車は走っている姿が一番ですよね。
関連記事
スポンサーサイト

1 Comments

mikan3136  

これはまた。。
近代未来の(笑)洋服みたい

2012/09/08 (Sat) 20:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment