Mooning over

ARTICLE PAGE

ここも昭和な街 津島巡り その2

100828-tsushima-13.jpg

テントに提灯と昭和の雰囲気炸裂の服屋さん。
これをこぎれいな店舗にして品揃えを増やすと「しまむら」になる。
隣の和菓子屋さんも昔ながらの雰囲気だ。今回はこんな街並です。
100828-tsushima-14.jpg

呉服店があった。この家屋で呉服店というのはちょっと違和感がある。
看板は新しいので、現役ということか。こういった地方都市のほうが
和服の需要が多いような気はする。

100828-tsushima-15.jpg

手すりのデザインがレトロな家。それよりも左右にある室外機が新品と
年代物という取り合わせが面白い。古いほうは、そのうち台がさびで
崩れないか気になる。

100828-tsushima-16.jpg

人がほとんど通らない中、自転車の女子が駆け抜けて行った。

100828-tsushima-17.jpg

久々に見た「王様のアイデア」の文字。
しかも「アイデア」ではなく「アイデェア」になっている。
「レーザーデスク」って「レーザーディスク」のことだろうか?
なぜかカタカナ語が妙な変換をされている。

100828-tsushima-18.jpg

やはりマルフクの看板があった。どういうわけか地方に行くと見かける。
マルフクと共産党って対極の存在じゃないだろうか。それがひとつの
壁に同居している。まさかマルフクをマルクスと間違えたわけじゃな
いだろうし。

100828-tsushima-19.jpg

ん? 子供用自転車なのにドロヨケなしかい。BMXならわかるけど、
普通の自転車なのにドロヨケなしって…

100828-tsushima-20.jpg

こういう木造の大きな家があるのが地方都市の風景。
それにしても立派だ。

100828-tsushima-21.jpg

みかけは酒屋さんには見えないが、配送専門なのかな~

100828-tsushima-22.jpg

お堂が妙な格好になっている。屋根の吹き替え資金が無く、上部だけ
トタンバージョンに変えてしまったように見える。
こんなお堂は初めて見た。

100828-tsushima-23.jpg

消火栓のフタが消防車とは実にわかりやすい。

100828-tsushima-24.jpg

地方都市って、だいたいこんな感じの街並が多いですね。
しかし人がいない。どうしてもワンストップで買い物が出来るSCに
人が流れてしまう。

100828-tsushima-25.jpg

こんな狭い路地もある。
自転車でまわっているわけだが、人が来たら降りてすれ違わないと無理だ。

100828-tsushima-26.jpg

ネコ発見! しばらくこの状態でにらみ合いとなってしまった。

100828-tsushima-27.jpg

こちらは元津島信金の建物を観光案内所に使っている。
いい感じの建物なのだが、ちょっとこぎれい過ぎるのが難点

100828-tsushima-28.jpg

その並びにあった薬局のサインはかなりの年代物。
古びたポストと文字のかすれ具合がいい。

100828-tsushima-29.jpg

車の幅から見てもかなり細い家。幅3mくらいじゃないか?
京都にはこんな家が普通にあるが、名古屋郊外ではかなり珍しい。

100828-tsushima-30.jpg

昔ながらの肉屋さん。商店街の一角ではなくポツンとこんな場所にあった。

100828-tsushima-31.jpg

こんな路地の風景が津島駅の西側に広がっている。
今度は佐屋街道の終点でまた来ることがあるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment