Mooning over

ARTICLE PAGE

多治見 永保寺2

170820-eiho-206.jpg

永保寺は禅寺で体験座禅会も行われているのですが、日曜の朝6時から(!)なので地元の人でないと
参加しにくいですね。
座禅会は、受付→座禅(30分)→抽解(ちゅうかい):休憩のため寺内を歩く→座禅(30分)→読経(般若心経
と坐禅和讃)→法話(20分)→粥坐(しゅくざ):朝食(米2割程度の粥と梅干しだけ)
というコースで、かなり本格的で、参加料は1000円です。
170820-eiho-201.jpg

170820-eiho-202.jpg

170820-eiho-203.jpg

170820-eiho-204.jpg

お寺の裏には土岐川が流れていて、この場所は「龍浮淵(りょうふえん)」と呼ばれています。
お寺のHPからここの演技を書き出してみると、
『龍浮淵が良夫縁とか良婦縁につながるということから、「良い伴侶に巡り会いますように」と紙に書き、
流している人々もあるようです。幾ら「良い伴侶」を求めて紙を流しても、良き伴侶を得る為には、
自分が家庭内での戒めを保持し続ける(持戒)心がけが必要です。』

170820-eiho-207.jpg

170820-eiho-208.jpg

170820-eiho-205.jpg

煩悩をコントロールするための座禅を行う禅寺ですが、煩悩の塊のような管理人はこれがもう「あれ」に見えてしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment