Mooning over

ARTICLE PAGE

三河線廃線跡巡り 後編

170504-rail-14.jpg

三河広瀬駅のホームは1面1線ですが、ホームは他の駅より長くなっています。これはかつて貨物取扱があり、
この駅から陶器などが輸送されていたためです(当時の配線は1面2線)。また、開業当時は終着駅でしたが、
西中金駅まで開通したことにより中間駅となりました。
170504-rail-16.jpg

かつてはこの空間にも線路があり、冒頭で書いたように左側から貨物の出し入れを行っていたのでしょう。

170504-rail-15.jpg

170504-rail-17.jpg

170504-rail-18.jpg

170504-rail-19.jpg

170504-rail-20.jpg

170504-rail-21.jpg
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment