Mooning over

徒歩で行く、街の風景(時々脱線)

気になったツイートより

170314.png

東北の震災の時、燃料不足で大変なことになり、タンカーより速く、タンクローリーより大量に運べる貨物列車が
注目され横浜市の根岸貨物ターミナルから2つのルートで盛岡、郡山へ燃料輸送が始まりました。
盛岡までは東北本線が使えないため、~(上越線)長岡(信越本線)新潟(白新線)新発田(羽越本線)秋田
(奥羽本線)青森(青い森鉄道)目時(IGRいわて銀河鉄道)盛岡と日本海周りの大回りルート。
郡山までは絵本のように新潟から磐越西線で山越えをして輸送しました。
ところが磐越西線は一部区間の傾斜がきついため、普段は貨物列車が通らない。そこで、根岸駅を
20両のタンク貨車で出発した列車を、新潟で10両ずつに分割。ディーゼル機関車を2両連ねて引っ張る離れ業で、
郡山に石油製品を運びました。郡山へは震災から1か月後の4/17に東北本線が復旧したため、山越えルートは終了。
普段は脚光を浴びない貨物列車が絵本で英雄扱いされるのは、鉄道好きの管理人としてはうれしいことです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment