Mooning over

ARTICLE PAGE

福井鉄道巡り 後編

160213-20.jpg

郊外のいわゆる「電車」区間と市街地中心部は路面電車の区間が混ざる福井鉄道。
老朽化で「電車」タイプの車両は減ってきています。そんな中、初見でこいつに出会えてラッキーです。
160213-21.jpg

160213-23.jpg

福井駅前に到着。
ホームがないところにこれが停まっていると、普通だと違和感ありまくりです。

実はこの車両、元はと言えば名古屋の地下鉄名城線を走っていたものを改造した車両、ということで管理人は
学生時代にお世話になった車両です。そんな車両に、まさか福井で出会えるとは…

160213-24.jpg

で、そんな電車タイプを路面電車区間で使うためのギミックがこれです。
ドアを開けると自動で出てくるステップ。これはおそらく福井でしか見られないのでは。

160213-22.jpg

ネットで元の車両の写真を見てみましたが、3ドア→2ドアした以外はほぼ元の仕様に思えます。
シートの色も変わらないような気が…

160213-25.jpg

福井地裁、こういう建物が残っているのはいいですね。

160213-28.jpg

160213-26.jpg

田原町駅で折り返し。
今度は最新型のトラムに乗れました。これは高岡のトラムと違って目つきが鋭い!

160213-27.jpg

160213-30.jpg

160213-31.jpg

160213-32.jpg

この時は工事中でしたが、この田原町駅で福井鉄道とえちぜん鉄道が3月下旬に相互乗り入れします。
地方の私鉄同士、しかも路面電車と一般的な電車が相互乗り入れって、かなり珍しいですね。
それがこのホームの段差に表れています。

160213-29.jpg

トラムのロゴが。どこかで見たようなデザインだなぁ~ と思ったら、以前名鉄が株主だった名残でした。
ロゴを替えたら、少しして名鉄が資本を撤収したとのこと orz
関連記事
スポンサーサイト

1 Comments

大海あすか  

古い車両

今日和、大海あすかです。
運良く古い車両に当たりましたね!!
電車タイプの車両が路面を走る姿はすごい違和感あるのかなと思っていましたが、車両が古いせいかそれほど感じませんでした。
それよりもトラムが新しすぎてまた馴染めてないのか、少し違和感ありましたね(笑)
路面の軌道って、よく見るとガタガタですよね、溝も浅いしよく脱線しないものですよ。
車両からステップが降りるのも福井鉄道名物ですね!
いろんな姿が見れてる、楽しかったです!

2016/03/17 (Thu) 12:44 | REPLY |   

Leave a comment