Mooning over

ARTICLE PAGE

大野こまちなみなーと2015 Part.2

150905-ohno-19.jpg

大野の街並み2回目です。
台風も通過して今週末はようやく撮影日和となりそうです。
150905-ohno-16.jpg

150905-ohno-17.jpg

150905-ohno-18.jpg

150905-ohno-20.jpg

古い建物の外観をそのまま生かしたラーメン屋さん、暖簾がピカピカなのが玉に瑕か。

150905-ohno-21.jpg

今では煙突のある街並みって結構貴重ですね。

150905-ohno-22.jpg

150905-ohno-23.jpg

150905-ohno-24.jpg

150905-ohno-25.jpg

150905-ohno-26.jpg

150905-ohno-27.jpg

150905-ohno-28.jpg

150905-ohno-29.jpg

150905-ohno-30.jpg
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ガレージAW  

やっぱりいい絵を切り取りますね

mihopapaさん、こんにちは(^^)

街中の少し込み入った中にある松の緑色、なんだか少し『ホッ』と出来るような空気感がありますね。

板壁の町並みや煙突のある風景、町並みの保存区域などでしか見られなくなりました。

高山でも保存区域から少し離れると、懐かしさのある風景はぐっと減ってしまいました。

きっかけはやはり(阪神淡路大震災)と(東日本大震災)ですね。

公共施設は軒並み耐震工事か建て替え、古い建物を使用していた企業は軒並み新築移転。跡地は更地・・・なんて光景があちこちに見受けられます。

一般住宅も今流行りのリフォームを行うところが多く、外観は一新されて、古さはどこにも感じない建物が多いです。

郊外の少し余裕のあるお宅では『古民家再生』を行うところもありますが、やはりごくわずかです。

懐かしさを感じるものがだんだん減ってゆくのは仕方が無いですけど、少しもったいないですね。

でも、保存にも費用がかかるし、手入れも大変となると、う~ん??(笑)

2015/09/11 (Fri) 11:24 | REPLY |   

mihopapa  

To ガレージAWさん

こんばんは。
> なんだか少し『ホッ』と出来るような空気感がありますね。
ありがとうございます。最高の褒め言葉です。
写真を見た人が、少しでもそこに行ったような感じを受ければ、
というつもりで撮ってますので。

> 一般住宅も今流行りのリフォームを行うところが多く、外観は一新されて、
> 古さはどこにも感じない建物が多いです。
確かにそうですね。
建物は新しくなっても、その街の雰囲気に合っているものならいいんですけど。
ただ、神社仏閣なんかは特にそうなんですが、やはりある程度の年月が経って
「枯れた」外観にならないと味が出ないですね。

> でも、保存にも費用がかかるし、手入れも大変となると、う~ん??(笑)
ちょうど自分たちの親の世代が建てた家が、建て替えられる年数になっているので
昭和な雰囲気の街並みを撮れるのは、それほど長くないかなと。

2015/09/11 (Fri) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment