Mooning over

ARTICLE PAGE

赤線跡を歩く 多治見市西ヶ原遊郭跡 後編

140928-tajimi-15.jpg

このあたりが遊郭跡で、場所で言うと新羅神社の北あたりになります。
歴史をwikiより
1893(M26)年多治見西部、現在の新羅神社北側辺りに遊郭が移転された。 この際、従来遊郭があった新田
地域の「西ノ原」をとって西ヶ原遊郭と呼ばれるようになった。昭和初期には遊郭も最盛期を迎え、遊女の数も
100人を超えた。
1958(S33)年、売春防止法施行により全軒廃業した。その後、何軒かは公衆浴場として残っていたが、現在は
廃墟と化している。
140928-tajimi-16.jpg

木枠の2段窓や玄関周りが時代を感じさせます。

140928-tajimi-17.jpg

旧多治見温泉の跡。

140928-tajimi-18.jpg

それっぽい雰囲気はあるのですが、どうやら当時の建物はすべて取り壊されてようです。

140928-tajimi-21.jpg

140928-tajimi-22.jpg

140928-tajimi-23.jpg

ここも立派な門に立派な建物。昔は何の会社だったのだろう。

140928-tajimi-24.jpg

寂れっぷりがすごい飲み屋横丁。

140928-tajimi-25.jpg

横丁からの突き当たりにあるこの看板。今時「呑み助」って死語でよね。

140928-tajimi-27.jpg

140928-tajimi-32.jpg

140928-tajimi-26.jpg

140928-tajimi-28.jpg

140928-tajimi-29.jpg

140928-tajimi-30.jpg

140928-tajimi-31.jpg

140928-tajimi-33.jpg

140928-tajimi-34.jpg

かろうじてカメラの絵が残っている、昔は写真店だったのか。

140928-tajimi-35.jpg

以前、この時に3回で多治見市役所周辺をお届けしましたが、このエリアでも何かと廃物件が多く、楽しめました。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment