Mooning over

ARTICLE PAGE

彦根散策 旧豊郷小学校

140914-toyo-01.jpg

娘が行きたかった場所とは、アニメ「けいおん」で主人公たちが通う高校のモデルになった、旧豊郷小学校です。
この日のためにご覧のように「けいおん」のTシャツを着てきました。
140914-toyo-02.jpg

豊郷小学校旧校舎群は、2009年5月に改修工事が行われ、現在は町立図書館やこども支援センターが入居する
複合施設として利用されています。

1937(S12)年、本校出身で丸紅の専務取締役であった古川鉄治郎が私財を投げ打って建設した。設計は
ヴォーリズ建築事務所、建設は竹中工務店が担当しました。
当時としては珍しい壮麗な鉄筋コンクリート造の校舎は、「白亜の殿堂」ないし「東洋一の小学校」との異名を
取りました。また、暖房設備など当時最先端の技術を惜しみなく使用し、その総工費は365,000円に上っています。
(当時の豊郷町予算の10倍に相当)

2009(H21)年春頃より放映された深夜アニメ『けいおん!』に登場する架空の高校がこの校舎と酷似しており、
モデルと認知されていることから、いわゆる「聖地巡礼」として訪れるファンも多く、地元商工会も町おこしを目的と
して同年6月に「けいおんでまちおこし実行委員会」を設け、旧校舎内にて「けいおん!カフェ」の開業や、ライブの
開催を実行しています。旧校舎内の音楽室には、ファンが持ち寄った「けいおん!」関連のグッズや楽器が多数展示。

140914-toyo-03.jpg

140914-toyo-04.jpg

140914-toyo-05.jpg

140914-toyo-06.jpg

140914-toyo-07.jpg

140914-toyo-08.jpg

140914-toyo-09.jpg

140914-toyo-10.jpg

140914-toyo-11.jpg

140914-toyo-12.jpg

140914-toyo-13.jpg

140914-toyo-14.jpg

140914-toyo-15.jpg

140914-toyo-16.jpg

じぶんは「けいおん」はまったく知らなかったのですが、純粋に建築物好きの視点で見てもすばらしい校舎です。
しかも入場料無料! 東海地区の方は彦根や近江八幡と組み合わせて訪問してはいかが。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment